相続税還付のプロフェッショナル相続税還付サポートセンター

相続税還付とは|相続税還付サポートセンター

相続税還付とは

相続税還付とは、支払いすぎた相続税を返金してもらうことを言います。

支払いすぎた相続税は相続税還付を


支払いすぎた相続税はかなりの高額になることもあり、場合によっては、5,000万円以上もの相続税の還付を受けられる場合もあるのです。
日本の税金の申告制度には、固定資産税のように課税当局が決めた納税額を支払うの賦課課税方式と、相続税のような申告納税方式の2つがあります。相続税の場合は、自分で財産評価をし、申告することになっているのです。通常、自分で申告は難しいので、税理士に頼んでいると思います。
現金等のような100万円の価値は100万円である相続財産の時価の把握は簡単ですが、不動産(土地や建物)の時価の把握は非常に難しいです。不動産の時価の把握には不動産鑑定士の鑑定評価が行われるべきですが、相続税実務では税理士さんが財産評価基本通達に基づいて評価を行っているため、時価とは乖離して高く評価してしまうケースがあります。そのような場合に、高く税金を払いすぎてしまうケースが生じてしまい、あとで時価の再査定をし直して払いすぎた相続税を返してもらうことができることを相続税の還付といいます。

 

なぜ相続税を還付してもらえるのか?

支払いすぎた相続税は相続税還付を

税理士の中でも相続に強い税理士もいれば、法人税に強い税理士もいます。 例えば医者であれば外科・内科・耳鼻科等の専門があるように、税理士にも専門分野があります。 専門外の税理士が相続税の申告をしてしまうようなケースに、相続税を還付できる可能性があるのです。但し、仮に相続税のプロである相続税専門の税理士が評価していても、不動産の評価は不動産鑑定士の方が詳しいですから、不動産鑑定士による不動産鑑定評価を行っていないようなケースにも、相続税を還付できる可能性があります。

一度相続税還付サポートセンターにご相談下さい。最新の税法知識を身につけた税理士と最新の不動産鑑定評価理論に基づいた不動産鑑定評価によってお客様の資産を再評価致します。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム サービス Q&A 料金について 運営母体