払いすぎた相続税の還付は相続税還付サポートセンター へ

払いすぎた相続税は相続税還付申告を|相続税還付サポートセンター

News

 

[2014/08/18] 週刊ビル経営に相続税還付に強い事務所として取材をうけました。

souzokuzeikanpu

 

[2014/07/27] 日経ヴェリタスに不動産鑑定士前野がコメント致しました。

souzokuzeikanpu

 

相続税還付サポートセンターが選ばれる理由

 

世界最大級の会計事務所であるPWC税理士法人出身の相続税が専門の税理士がお客様の万全のサポートをさせて頂きます。税理士業界の中でいわゆる4大税理士法人という大手税理士法人出身の税理士は数少ないです。お医者さんにも腕があるように、税理士にも腕があります。相続税還付サポートセンター所属の税理士は人柄・技術・税法知識で勝負しております。


1物件で約1,500億円の鑑定評価を行った経験を有する不動産鑑定士は日本ではほとんどいないと思います。
不動産鑑定評価は目利きです。いい物件も悪い物件も評価した経験のある不動産鑑定士でないと不動産の価値を付けることなんてできないと思いませんか。目利きのできる不動産鑑定士に貴方の不動産の再チェックをお任せください。

一般に個性の強い土地というのは、次のような土地です。広い土地、水路に接している土地、不整形な土地、高低差がある土地、上空に高圧線が通っている土地などなど。
しかし、これらの土地の評価って経験豊かな不動産鑑定士からみたら実はたいして難しい評価ではありません。本当に難しい不動産評価というのは、例えば、特殊な建物(工場、物流施設、商業施設、病院、老人ホーム、複合商業施設等)を所有していたというような場合なのです。非上場株式の保有資産の中にこういった資産が含まれていた時、個人でこれらの不動産を所有していた時、貴方の頼んだ税理士はどのように物件を評価したのでしょうか。特殊な不動産に強い相続税還付サポートセンターに一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

相続税還付の事例

支払いすぎた相続税は相続税還付を

払いすぎた相続税は戻ってきます。相続財産の評価を見直し、適正な納税を行いませんか?

例1

相続税額 約1億2,000万円の場合
土地が広く、広大地評価が適用でき、土地の評価の見直しで約4,500万円の還付

例2

相続税額 約2,700万円の場合
非上場株式の評価にミスがみられ、株価の評価見直しで約600万円の還付

例3

相続税額 約4,400万円の場合
建築基準法の道路に接しない土地の上に建物があり、その建て替え不可能な建物の価格の見直しで約800万円の還付

 

相続税還付について

多く払いすぎた相続税が戻ってくる。これを相続税の還付といいます。なぜ相続税は戻ってくるのでしょうか。
それにはまず、相続税という税金の特徴を知っておく必要があります。

相続税とは何か

相続税とは、人が亡くなったときににかかる税金です。被相続人(亡くなった方)の財産の多寡によって税金額が大きく変わってきます。
相続税について次のようなデータ(国税庁発表)があります。

被相続人数 被相続人数(死亡者数)は約125万人、このうち相続税の課税対象となった被相続人数は約5万1千人で、課税割合は4.1%となっている。
税額 税額は1兆2,520億円で、被相続人1人当たりでは2,435万円となっています。
相続財産の金額の構成比 相続財産の金額の構成比は、土地46.0%、現金・預貯金等24.2%、有価証券13.0%(の順となっています。

また、日本税理士連合会のWEBサイトによると、税理士の登録者数は、下記の通りです。

全国の税理士登録者数 73,580人

相続税の特徴

相続税の申告業務は、税理士1人あたり0.69件/年

相続税の申告業務は、年間約5万1千件発生し、税理士1人あたりでは、0.69件(5万1千件÷73,580人)しか行っていないということです。つまり、ほとんどの税理士さんが相続税の申告に関して経験が浅い若しくは、経験がないと言う結果がみてとれます。

 

相続税の申告は80%が修正されているとおいう事実

相続税の申告は、その80.9%が税務調査のうえ、修正申告になっているそうです(国税庁発表)。

 

相続財産の金額の構成比は、土地が46.0%を占める

相続財産の金額のうち、土地が46.0%を占めるということは、土地の評価が適正に行われているか否かが相続税の金額に大きく影響を与えるということです。

 

不動産は一つとして同じものがない。

相続税の課税価額の基礎となる「財産評価」は、「時価」を基本とします。その時価の算定には困難な場合も多々あります。言うまでもありませんが、現金の場合、100万円の価値は100万円です。では、土地の場合はどうでしょうか。形状や環境、利用形態等の個別性が強く、世の中に一つとして同じものがないので、評価する税理士や不動産鑑定士によって不動産の時価は異なってきます。例えば、5,000uの土地があったとします。A税理士が相続税の財産評価基本通達に基づいて100万円/uと評価しました。しかし、不動産鑑定士が不動産鑑定評価基準に基づいて本当の時価を算定したら、80万円/uでした。A税理士の評価ではこの土地は総額50億円(100万円/u×5,000u)となります。一方、B不動産鑑定士では40億円(80万円/u×5,000u)となります。相続税の税額が仮に50%だとすれば、A税理士さんが評価したら相続税は25億円、B不動産鑑定士が評価したら相続税は20億円となります。これは大袈裟な例ではないのです。実際に相続財産の時価を算定し直して多くの税金が還付されているのです。

 

支払いすぎた相続税は相続税還付を
上記からわかることは、

 

相続税の申告業務があまり得意でない税理士さんが多いと言うことです。

相続税の当初申告書は80%が修正されています。それだけミスや判断の分かれる事項が多いと言うことです。

相続財産のメインは土地であり、土地は個性が強く、土地の評価額は評価する税理士さんによって異なります。

 

 

相続財産の時価は評価する人によって異なるため、再評価してみたら評価額が下がる可能性があるということです。


 

では、誰が土地の再評価をしたら適正な時価を算定できるのでしょうか?

相続案件の得意な税理士さんでしょうか?

違います。
不動産の評価を国から認められた唯一の資格である「不動産鑑定士」です。

 

では、不動産鑑定士さんだけでいいのでしょうか。?

いいえ、優秀な税理士が必要不可欠です。何故なら、相続財産の金額のうち46%は土地ですが、それ以外は非上場株だったり、みなし相続財産(退職金や保険金等)だったりするからです。
相続税還付サポートセンターは、世界最大の会計事務所出身の税理士と不動産系シンクタンク出身の不動産鑑定士が所属する相続税還付専門の事務所です。

 

 

数ある税理士事務所、不動産鑑定士事務所の中で相続税還付サポートセンターが選ばれる理由はなんでしょうか?

 

相続税還付サポートセンターの特徴

お客様第一の相続税還付サポートセンター

相続税とは人が亡くなったときに発生する税金です。そのバックグランドにはとてもナーバスなケース(遺産相続で訴訟中等)がある可能性があります。従って、相続税還付サポートセンターでは、慎重な対応が求められる相続税のお手伝いという点で慎重に作業を進めて参ります。

世界最大級の会計事務所出身の税理士

相続税還付サポートセンターに所属する税理士は世界最大級の会計事務所の税理士法人出身です。税務の知識と経験、お客様に対する対応能力、問題解決能力は他の税理士には負けないと思っております。

日本最多の不動産鑑定士が所属する機関出身の不動産鑑定士

不動産鑑定士だからと言って皆が同じ経験及び能力をもっている訳ではありません。過去に評価した物件の種類、実績等によって大きく異なります。不動産を評価するには、データ収集能力、データ解析能力、統計知識、経済分析、マーケット分析、法律、会計知識、税務知識、建築知識、金融知識等が必要となります。相続税還付サポートセンターの不動産鑑定士はCADを使って建築想定や宅地分譲想定もできますので、一般の不動産鑑定士が苦手とする建物想定からの収益アプローチにも対応可能です。DCF法や開発型のDCF等の動的な不動産分析も得意としておりますので不動産の再チェックは相続税還付サポートセンターにお任せ下さい。

完全成功報酬

相続税の還付は当初申告が適正になされているならば、還付の成功はありえないものです。従って、相続税還付サポートセンターでは、完全成功報酬制度を採用しております。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム サービス Q&A 料金について 運営母体